ガンダムコンクエスト情報収集所


知ってるとちょっと役立つ小ネタ

1.ダブル覚醒スキル持ちユニットの作り方
☆Rゲルググ

ガンコンでは、1つのユニットに同じスキルを持たせることはできません。
ですが、特定の手順を踏めば上の画像のゲルググのようにSU攻撃力弱体+を2つ積んだりすることが可能です。
このゲルググは次の手順で作成しました。

 @未覚醒ゲルググの空いているスキル枠にSU攻撃力弱体+を習得させる
 Aゲルググを10体重ねて最初から持っているほうのSU攻撃力弱体を覚醒させる

未覚醒の機体に先に覚醒スキルを積むのが条件ですので、
もしダブル覚醒にしたい機体がすでに覚醒してしまっている場合はこの技は使えません。
ちなみにこれはプログラムの隙を突いた裏技ですので、いつ修正が入ってできなくなってしまうかはわかりません。
まぁ、運営もわかった上で放置しているでしょうし、強引に修正を入れれば既存プレイヤーからクレームがくることは必至。
あまり気にしないで使い続けても大丈夫だと思います、たぶん。



2.同じ機体であれば☆は移植できる
☆Rダークダガー

近接攻撃力、遠隔攻撃力、装甲が1.2倍される☆持ちのユニットですが、
この☆、実は強化合成によって移植できます。

上の画像は未覚醒☆ダークダガーLですが、
たとえばこれと別に覚醒ダークダガーLを持っていた場合、
覚醒ダークダガーLに強化合成で未覚醒☆ダークダガーLを喰わせると、
☆付きの覚醒ダークダガーが完成します。

すでに運用している覚醒機がいて、あとから同じ機体の☆付きをゲットしたときなんかに移植してやるとオイシイです。
ただし、「オークション出品不可」まで一緒にオマケで移植されてしまう点だけ注意。
あと当然ですが、違う機体間で☆を移すことはできません。



3.前哨基地から1オペで戦艦を出撃できる
ホワイトベース

前哨基地から新規の戦艦を出撃させるとき、

 @まずユニットを出撃させて土地を占拠する
 Aその後、その土地に向けて戦艦を出撃させる

という手順が一般的かと思います(たぶんチュートリアルでこのやり方を教わっているはず)。
しかし、これだと操作が2ステップ必要で面倒です。
全く同じことを1ステップで行うやり方があります。

 @前哨基地をタップして、戦艦出撃を選択、戦艦を選択、移動先土地を選択、攻め込むユニットを選択

早い話が「戦艦移動攻撃」が前哨基地からでもできる、ってことです。
このやり方だと1ステップで占拠から戦艦出撃まで一気にやってくれるので、
特に素早いオペが必要になる曜日クエストなんかのときに便利です。



4.アクションクエスト「指令ランク○を一人で○○○○点以上獲得」のクリア方法
アクションクエスト

「指令ランク○を一人で○○○○点以上獲得」ってクエスト、普通にやるとけっこう難しいです。
特にランク6以降。
機体が育っていないといけないですし、たった一人でコンボを切らさずに敵を倒していくのは一苦労。

ですが、実はこの条件、
「一人で出撃しなければいけない」のではなくて、
「クリアした時点で一人」であればオッケーなのです。

なので、あらかじめ同盟員に話をつけておいて4人で出撃し、クリア直前で3人に途中抜けしてもらえば、
それで条件を満たしてクエストクリアになります。
コンボが途切れたときに途中離脱していくプレイヤーがいますが、それで結果的に1人になった場合でもオッケー。
真面目に一人でがんばって失敗を繰り返し、結果エネルギーを無駄にするよりは効率が良いです。



5.R以下のパイロットは解雇するとそこそこのDPになる
Rパイロット

R以下の不要なパイロットが余っているけど、パイロットの餌には困っていない、
でも出品枠が5枠しかないオークションでさばくのは面倒、
そんな風に思うときはないでしょうか?

そんなときは左下のゴミ箱アイコンをタップして「解雇する」と良いです。
機体やHR以上のパイロットだと微々たるDPにしかならないので敬遠されがちな手段なのですが、
R・UC・Cのパイロットはそれぞれ、100DP・50DP・10DPとそこそこ見合った額が戻ってきます。

<機体の解体でもらえるDP>
SR 200DP & 30レアバッジ
HR 100DP
R 10DP
UC 5DP
C 1DP

<パイロット・サポートの解雇でもらえるDP>
SR 200DP & 15レアバッジ
HR 150DP
R 100DP
UC 50DP
C 10DP



6.オークションでスキル名で検索できる(ようになった)
オークション検索

最近のアップデートにより、スキル名で検索することが可能になりました。
アップデート内容のお知らせの中にその記載はあるのですが、あまり認知されていないようなので紹介。

上の写真のように『爆発』という検索ワードを入力すれば、爆発スキル持ちの機体を全て表示することができます。
これでガンダムやジムなどの名前が被っていて検索しづらい機体を探しやすくなりました。

・・・理想を言えば、2つ以上のワードで検索することができればもっと良いんですけどね。
それか、出品されている機体から指定して『この機体だけを表示する』みたいな機能。
運営さん、それぐらいちゃちゃっと機能増やせないもんですかね?

【追記】
検索窓に 「カード・スキル名」という表示がされるようになったのでわかりやすくなりましたね。



7.地形適応外のユニットを移動用ブースターにする
ガンダムコンクエストでメビウスゼロやラゴゥを有効活用

地形適応が×のユニットを編成して出撃しても、その機体は戦闘に参加することができません。
そのため編成させるだけ無駄のように感じるかもしれません。
しかし、実は以下のような嬉しい盲点があります。

 ・P機動力支援【周囲】などのパッシブスキルの効果は生きている
 ・同勢力ユニット編成によるコストアップやパラメーターアップ効果も生きている
 ・地形適応外のユニットの機動力も部隊の移動速度の算出に含まれている

そのため、上の画像のような地上専用のNPC用回避盾支援機にしたHRラゴゥも、
宇宙ではタクシー用の機体と組ませることで部隊の移動速度アップを図ることができたりします。


ガンダムコンクエストでメビウスゼロやラゴゥを有効活用

ケンプファー単機では部隊の移動速度は207だったのですが、ラゴゥを加えることによって243まで上がっています。
これで1マス移動するのに約2秒の差が出ます。
20マス移動するなら40秒も早く到着できることに。
一刻も早く前線に移動したいときには活用してみてください。

ちなみに地形適応外のユニットは戦闘に全く参加しないため、
足場崩し等にあって部隊が敗北したときでも、地形適応外のユニットは破壊されませんし、
相手に無駄な戦果を与えることもありません。
(ただし戦闘に参加しないといっても出撃エネルギーはちゃっかり消費するので注意)

デメリットは、部隊編成のたびに「地形適応外のユニットが含まれています」のメッセージが出ることでしょうか。
けっこうな頻度で出ることになるのでまぁまぁ煩わしいです。
乱戦になってユニット入れ替えを頻繁に行わなければいけない状況になったときは逆にタイムロスになりかねないので
この技は使わないほうが良いかもしれません。

あと、部隊の正しい占拠力が表示されなくなる点にも注意です。
占拠力は地形適応の影響を受けます。
つまり地形適応×のユニットの占拠力は0になります。
しかし画面上に表示される部隊の占拠力の数字はその補正が反映されておらず、単純に全ユニットの占拠力を足した値になっています。
実際の占拠力はもっと低いので騙されないように。。。


8.アクションの低コスト機体は、戦闘後のスコアにちょっとボーナスがつく
アクションのコスト

アクション機体には地味にコストが設定されています。
上の画像はエールストライクガンダムですが、左側のほうにCOST12の表記が。これがコストです。
このコストに何の意味があるのかはヘルプでも記述されていませんが、実はアクション終了後のスコアに影響があります。

アクションのコスト

上の画像のように、アクション後のスコア画面にコストの項目があって、それを含めて合計点数が算出されるのですが、
このコストの項目は、実は低コスト機体のほうが高いポイントがつきます。
高コスト機体は低いポイントどころか、マイナスがつくこともあります(数値にはけっこうムラがあります)。

コストが低いジムやザクなどの機体は、スペックが低くてスキルも使いづらいですが、
多少ながらコスト項目にボーナスがつくのでコンボ数が伸びなくても「8GET!」に届いたりします。
まぁ、それでもエールやエクシア使ったほうがスコアは安定するとは思いますが・・・(笑)

ちなみに「低コスト機のほうがSR出やすい」という都市伝説は、自分はいまのところ全く実感できていません(涙)
デマだよ、たぶん。。。


9.出品禁止のカードは出品可能カードに重ねて売る
SR陸戦ガンダムの出品禁止カード 陸戦ガンダムオークション

イベントガチャで引けるカードは出品禁止になっている場合が多いです。
自軍の戦力として使えるならば問題ないですが、陸戦ガンダムのように覚醒前提のカードは扱いに困ってしまいますよね。
そんなときは、別の出品可能カードに覚醒値を上げるエサとして食わせてしまいましょう。
そうすれば「出品可能な覚醒値が上がったカード」が出来上がり、オークションに出品することができます。
こういったカードは覚醒を目指している人が買ってくれるので、覚醒値に見合った値段がつくはずです。
(ただし1枚ずつで売った場合より安い値段になる傾向にあります)

これは最近のアップデートで合成時に覚醒値が足し算されるように変更されたために可能になった小技です。
自分はこのアップデート直前に、手に入った出品禁止陸ガンをエサにしてしまったことが・・・(涙)
ああ、タイムスリップして昔の自分をぶん殴りたい(´;ω;`)ブワッ

※☆カードについてはこの小技は使えません。
 合成すると☆と一緒に「出品禁止」までしっかり移植されてしまいます。


10.資源が余っているときはプレゼントボックスを活用しよう
ガンダムコンクエストの資源不足

資源は、余るときはガンガン余るのに、足りないときは死ぬほど足りない。
ガンコンって不思議なものです。

もし資源が溢れているときは、ビンゴなどで得た資源を受け取らずにそのままプレボに保管しておくと良いです。
そうすればいざというときの生命線にすることができます。
曜日クエストを日々しっかりやってるとプレボには結構溜まるので、
ガツガツ戦争で部隊溶かしてくる行動派の方にはオススメの小技です。
ちなみに遠征で手に入れた資源は、受取期限がたった2週間しかないので注意。


11.古いRカードの価値を見直してみよう
☆つきのRアストレイレッドフレーム

最近のアップデートにより覚醒カードはMAX6回出撃できるようになりました。
覚醒SRや覚醒HRに目がいきがちですが、実はこれのおかげでどうでもいいような古いRカードにも使い道ができました。

まずはタクシー要員としてオススメ、Rケンプファー(機動152)。
より機動力が高いHRゲルググ、HRシャアザク、不要な虹色SRあたりをタクシーにしている人も多いかと思いますが、
Rケンプファーは覚醒が非常に簡単で、覚醒値を6以上に上げれば6回も出撃が可能です。
(出撃エネルギーの回復速度も早いので決戦なら実質9回ぐらい出撃可)
タクシーの入れ替えの手間がかなり軽減される上に、タクシーのために割いていたカード所持枠を減らすことができます。
不要な未覚醒HRを仕方なくタクシーとして使い続けるぐらいなら、それ売ったDPでP機動強化を積んだ覚醒ケンプを作るほうが断然お得!

次は通常ガシャで引くことができるRで攻撃力がそこそこあるやつ。
Rアストレイレッドフレームとか、Rプロトガンダムとか、Rストライクとか(☆付きならなお良し!)。
4機編成にしてそのうち2〜3機ぐらいにP攻撃支援【周囲】+を積んでやれば
レベル50エースや大拠点Lv6ぐらいまでは、ほぼ無傷で抜いてきます。
覚醒値を上げるのが簡単なので、全機体・全パイロットとも覚醒値6以上にしてやれば6回も出撃が可能。
しかも修理速度も早くなるので多少の事故の際のリカバリーも容易になります。
こういった部隊を2つ3つだけ作れば、Lv20〜50あたりの中堅NPC用部隊として十分なはず。
カード所持枠・ユニット編成枠の圧迫の軽減に繋がるのでオススメです。


12.覚醒値はサブスキルのほうに合成しても上げられる
HRシャアザクタクシー

覚醒値を上げるときは、固有スキルに対して強化合成として同じカードを重ねていくのが普通ですが、
自分で覚えさせたサブスキルのほうに強化合成しても、ちゃんと覚醒値が上がります。

上の画像のHRシャアザクはタクシー目的で運用しているのでP演算強化Uのレベルを上げても無駄と考え、
サブスキルのP機動強化U+のほうにHRシャアザクを6枚重ねました。
ちゃんとカードそのものの覚醒値は上がっています。
すでに固有スキルがMAXになっている機体の覚醒値を上げたいときなどにも、
サブスキルのほうに経験値を与えれば無駄がなくて便利です。



13.スタートアップスキル同士の干渉
スタートアップスキルは機動力が低い機体から順に発動していきますが、
基本的にはお互いにその効果を干渉し合いません。
たとえば最初にSU演算力強化を発動して演算力を上げたとしても、その次に発動したSU攻撃力強化の効果が跳ね上がったりということはありません。
あくまで戦闘開始時の数字だけを用いて上昇率が決定されています。
ただし例外があって、次の2つについては先に発動したスタートアップの影響が及びます。

1つはAS発動率強化系。
先にSU演算力強化が成功して演算が上がった場合、その後のAS発動率強化による上昇量はその演算値の影響を受けます。
ですのでAS発動率強化系は機動力が高い機体に積んで遅く発動させたほうが有効であると言えます。

もう1つは単体付与系スキルの付与対象。
たとえば先制付与【堅守単体】Tは一番装甲が高い機体にかかりますが、これは「スキルを発動したときの装甲値」を基準にして決定されます。
つまり先に発動したSU装甲強化やSU装甲弱体によって装甲値が増減していれば、付与対象が変わる場合があります。
これをうまく利用すれば、機動力が低い機体にSUデバフをさせて相手の単体付与系スキルの対象をズラすことができます。


→TOPへ戻る